年配者に多い心筋梗塞についての基礎知識をつけよう

医療福祉で必要不可欠な 薬の情報と常識

血管の詰まり

日本人の死因として非常に高い位置にランクインしている病気に心筋梗塞があります。これは血管や血液などに問題が生じておこる病気であり、場所が変われば脳梗塞ともいわれます。予防するには健康な生活以外にありません。

詳しく読む

コレステロールに注意

心筋梗塞と食事には密接な関わりがありますが、その中でも注意すべきなのがコレステロール、特に注意すべきなのが「悪玉コレステロール」というやつです。こいつは何なのか、押さえておきましょう。

詳しく読む

適度な運動

心筋梗塞にならないための生活。そこには「適度な運動」が不可欠です。激しすぎず、緩すぎず。体にちょうどよい刺激を与え、体内の環境を清らかなものにする運動を、心がけましょう。

詳しく読む

不健康な生活

日本人に多い死因に心筋梗塞がありますが、これは心臓への血流が止まることで血液の送り出しができなくなり、心臓や脳などの組織が死亡してしまうという病気です。前触れが起こる場合もありますが、だいたい突然苦しんで倒れてしまうパターンが多いです。
心筋梗塞とは心臓へ繋がる血管が何らかの原因でふさがり、血流が止まってしまう症状を指しています。血管が詰まる原因は血栓である場合が大半であり、これは動脈硬化症、高血糖、高血圧などによって起こることが確認されています。
血栓というのは血管の中で勝手にできているものであり、ドロドロとした血液が血管の壁へと付着し、固まってしまっている状態です。まるで排水管にゴミが詰まるようにじわじわと進行し、やがてはその血管を塞いでしまうようになるのです。
動脈が阻害されれば血液の正常な送り出しができなくなり、心臓が停止してしまいます。そのまま心臓組織が壊死すれば死亡へ繋がりますし、息を吹き返したとしても血液の供給が止まっている時間によっては脳細胞が死滅して大変な後遺症が残ってしまうことがあります。

この病気はなってから改善するのでは遅いですから、心筋梗塞にならないような健康体でいることが必要になります。健康体でいるには食事制限や改善が1番効果的であり、継続することが必要です。運動をすることで血液が濁ってしまうのを防ぐことも必要になります。
年配者の人がなりやすくはなっていますが、中には若い人でも急に心筋梗塞になって倒れてしまうような場合もあります。ですから、若いから大丈夫という保証はどこにもないのです。