年配者に多い心筋梗塞についての基礎知識をつけよう

Welfare drug

コレステロールに注意

心筋梗塞を予防するためには、食生活を見直すことが最も重要である。血液中のコレステロールを減らすことで、心筋梗塞を引き起こす動脈硬化を防ぐ事ができる。
コレステロールの中でも身体にとって良くない働きをするのが、悪玉コレステロールだ。悪玉コレステロールは、血管の壁にへばりつくという特性を持っている。
血管についた悪玉コレステロールは、やがて硬くなり動脈硬化を引き起こすのである。悪玉コレステロールを含む食品の摂取を控えることで血中の悪玉コレステロールを減らすことが出来る。
肉の脂肪部分や、マーガリン、バターといった食品の摂取はできるだけ控えるべきである。

血中の悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにする食品を摂取することで心筋梗塞を防ぐことが出来る。
血液をサラサラにする効果があるとサれているのが、EPAやDHAという魚に含まれる成分である。イワシやさんまなどの青魚に多く含まれ、マグロなどにも含まれている。
EPAやDHAはオメガ3脂肪酸と呼ばれ、血中の悪玉コレステロールを溶解する機能が確認されている。魚をよく食べ、足りない分はサプリメントで摂取すると良いだろう。
納豆にも強力な血栓予防効果がある。納豆に含まれるナットウキナーゼと呼ばれる成分が、血栓を溶解する効果があり、心筋梗塞を予防する効果が期待できる。
また、ナットウキナーゼには人体に備わっている血栓溶解成分であるウロキナーゼの働きを促進するため、高い血液サラサラ効果がある。