年配者に多い心筋梗塞についての基礎知識をつけよう

Welfare drug

適度な運動

心筋梗塞の予防、治療には適度な運動が必要不可欠だ。適度な運動を行うことによって、様々な嬉しい効果がある。
運動を行なうことで、体内のエネルギーが消費される。コレステロールもともとはエネルギー元となっている成分である。
消費される機会が無いのに過剰に摂取すると、血中に流れだしてしまうのだ。運動によってエネルギー消費を増やすことで、血中のコレステロールを減少させる事ができる。
悪玉コレステロールを消費するだけでなく、悪玉コレステロールを増やす原因となる中性脂肪も減らす事ができるため、心筋梗塞の予防になるのである
また、悪玉コレステロールを回収するという嬉しい働きをする善玉コレステロールを増やすため、血液が綺麗になる。

運動を行う際には、激しい運動は控えるべきだ。ダッシュやウェイトとレーニングなどは週発的に強い力を必要とする無酸素運動である。
エネルギーを燃焼させるには酸素が必要なので、無酸素運動では脂肪が燃焼されづらいのである。
心筋梗塞を予防するためには、有酸素運動が非常に有効である。有酸素運動とは、酸素を身体に取り込みながら長時間運動するというものである。
軽いジョギングやウォーキングを行なうことで脂肪を燃焼することが出来る。運動を行なって脂肪が燃焼され始めるのは、30分後なので、最低でも30分は有酸素運動を継続させるとよいだろう。
ウォーキングを行う際は、ただ歩くのではなく胸を張って大きく腕を振り、大股で早歩きを行なうとより高い効果を得ることが出来る。運動を習慣化させることで心筋梗塞を予防できる。